思い立ったら柔道整復師の専門学校

contents

需要の見込まれる柔道整復師

柔道整復師の専門学校に通う女性が増えている 日…

READ MORE

国家資格への最短距離

国家資格は努力の証し夢に近づく柔道整復師専門学校…

READ MORE

可能性を広げてくれる専門学校

柔道整復師の専門学校で自分が活躍できる場所を増や…

READ MORE

柔道整復師の現状

専門職である柔道整復師になる夢を叶えるには専門学…

READ MORE

専門学校に通って憧れの柔道整復師に

柔道整復師とは、スポーツや転倒など、急な動作や事故によって起こる怪我に対し、骨や筋肉、靭帯や関節などの手術をせずに悲観血的療法によって整復、固定などを行うことができる専門家のことを言います。骨折をした時に近所の整形外科に行く人もいれば、整骨院で治療を受ける人もいます。そう、病院、整骨院、接骨院のスタッフはみな、柔道整復師の資格を持っているのです。逆に言えば柔道整復師の資格を持っていると整骨院や接骨院を開業できたり、機能訓練指導員、スポーツトレーナーとして活躍することができるのです。
もちろん資格は簡単に取得できるわけではなく、年1回実施される国家試験に合格しなくてはなりません。では合格する為にはどうすれば良いかというと、柔道整復師養成課程のある専門学校に通わなければなりません。専門学校だとしっかりと技術が学べるので、合格への近道であると言えます。近頃では高齢化社会の到来により、高齢者の機能回復訓練を行う仕事としてニーズが高まってきています。また日本だけでなく世界中で活躍できる仕事として注目され、人気が高まっています。そんな柔道整復師になる為に、専門学校でより専門的な授業を受けてみてはいかがでしょうか。

専門学校の夜間部なら社会人でも柔道整復師を目指せる

キャリアアップやスキルアップの選択肢として柔道整復師を選ぶのであれば、試験があることに注意が必要です。柔道整復師として働くためには毎年1回開催されている国家資格の試験に合格しなければなりません。そして、国家資格試験の受験資格を得るためには専門学校で一定期間勉強をする必要があります。いくら試験についての知識が豊富だったとしても、専門学校に通わなければそもそもチャレンジができない仕組みになっているのです。
現在就職して働いている場合、受験資格を得るために専門学校へ通うことはなかなか難しいと考える人が多いのではないでしょうか。学校と聞くと朝から夕方までびっちりと授業で埋められている印象が強く、実際に通うイメージを持てないものです。仕事を辞めて時間の余裕を作ることもできますが、経済的に厳しいという人が大半でしょう。しかし、柔道整復師の専門学校には夜間部が設置されている学校も多いです。
夜間部では授業が夜から始まるので、社会人として働きながらでも通いやすいと思います。また、駅から近い場所にある専門学校を選べば仕事帰りに通うことも難しくないでしょう。授業時間外の補習をサポートとして行ってくれる学校もあり、土日などを利用して試験対策をすることも可能です。最初から専門学校に通うのは無理とあきらめるのではなく、夜間部を利用して柔道整復師を目指すことも考えてみてください。

Copyright(C)2018 柔道整復師になりたいと志したなら専門学校への道がベスト All Rights Reserved.